2020年10月13日

2020年10月12日のつぶやき



























posted by REI at 00:01| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

2020年10月11日のつぶやき


















posted by REI at 00:01| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

2020年10月10日のつぶやき



















posted by REI at 00:01| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

2020年10月09日のつぶやき
























posted by REI at 00:01| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

2020年10月08日のつぶやき

















posted by REI at 00:01| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

2020年10月07日のつぶやき






























posted by REI at 00:01| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

【御礼 収益化到達】ドライブ旅行動画 こうやって作ってみました⑥

【御礼 収益化~初投稿から9か月~】


ヨーロッパ各国のサッカーリーグが開幕し、無観客が続くものの、
スペインもすでに 第4節へ。
バルセロナは クーマン監督体制で、まずまずのスタートを
切っています

今シーズンは、メッシに頼らずとも得点するパターンを見つけつつ
ある様子がうかがえて、それはそれで 世代交代をうまくいかせる
方策として よろしいんじゃないでしょうか



さて、編集好きの変わり者YouTuberが、備忘録的に 自分の動画の
編集・構成・撮影について書いている日記の 第6章。
今回は、「北海道・洞爺湖温泉 露天風呂付き個室宿泊 
ドライブ旅行」(やたら長いタイトル💦)2日目の
朝食と遊覧船クルーズです。


★実例


僕が編集にこだわる理由の一つは「カメラの経験がほとんどないから」。


編集のことを理解してくると、どういう映像がより良い映像で、
どういうカットが必要なのか、どういう撮り方をすれば 動画が
より良くなるか、が 自然と分かってくると思います。


夜から朝への場面転換で、この動画では、暗い湖面→明るい湖面+島+
船 のカットとしましたが、次は朝食
どんなカットが違和感なく収まるか。

事前に、「おそらく ほとんどの場合に使えそうなのが、朝食の席から
撮影した窓の外の風景」と 思い描いて撮影し、実際にそれを
使いました。

★外景から朝食風景へ
20200816 朝食.png

もし事前に思い描いていなかったら、景色からポン、と 食事に
切り替わることになり、個人的好みではない「流れの中断」に
なりました。

しかし、室内からこうした映像を撮っておくことで、唐突感を
避けることができます。
撮影経験が浅くても 撮っておけばよいカットが 決まってきます。


収益化すると、8分以上の動画であれば、場面転換に広告を利用する
手法もできます(TV的な方法)。
まぁ、経験が浅い分、揺れたりピタッと決まらなかったりするのは
仕方がなく、場数を踏んでいくしかないんですが。
今なら、お金はかかりますが、かなり手ブレを抑えるカメラも
多いです🎥


この食事ですが、ナレーションにある通り、ホテルが言うところの
「懐石料理」で、(食べきれないほど)豪華なものでした。

その場で焼いて食べるシシャモとホタテがあったのですが、
シシャモはシシャモでも、ノルウェー産やサハリン・
カムチャツカ産ではなく、値が張り、やっぱり新鮮で味が良い
地元・鵡川町(むかわちょう)産のもの✨

この映像は欠かせません。

★「懐石料理」の朝食
20200816 朝食 シシャモ・ホタテ.png

朝食は これを見せれば いかほどのものか十分に伝わる、と思い、
短めにしました。



続いては、遊覧船クルーズ🚢ですが、ここは、場面転換の中でも、特に
大きな 変わり目 です。
ちょっと自分でも確信がなく、賛否もあると思いますが、ここは
転換効果のために存在する「ワイプ=トランジション」を使いました。

「変わった」感を 強く出すことを優先させて。 
パターンは、全くの好みで、理由はありません

ただ、いきなり船にいくのではなく、「つなぎ」として僕が定番に使う
車載映像に。これを使うことで、「チェックアウトをして次の場所へ
移動しました」と、 映像で語りたかったわけです。




そして、やっとこさ 遊覧船パートなのですが、実は 湖が主役の
一つなのに、ここまで キレイな湖水の映像をほとんど
入れていません💧

というのは、湖畔よりも、クルーズ途中や 中島で見える湖水のほうが
比較にならないくらい キレイなことを知っていたので、この先
「これでもか」と見せることに決めていました。

計算通りになったかどうかは別として、「タメにタメて」一気に
後半で 見せる「構成」にしました。
キレイさを 一層キレイに感じさせる構成にする意図

旅もの なので、だいたいが 時間通りにつないでいけば
良いわけですが、湖水に関しては、「出しおしみ」というか、
「じらして」見せる作戦です。



更に、実際現地に行ってみると、噴火湾が近いこともあるのでしょうが、
海鳥が多いことが分かりました。船と水の雰囲気を引き立てるには
絶好の撮影対象です。それを出すため、鳥の「ワンショット」を
入れました。

鉄の板の上に留まっている 鳥
20200816 湖畔の海鳥.png

鳥の映像は、飛んでいるもの、背景が水だけのものもありましたが、
「まだ陸にいる」ことを考え、鉄板の上に留まっているカットを
選びました。


そして乗船ですが、ここからは、実体験~実際に船に乗り島を訪れる
感覚を より味わってもらうことを意図して、
カメラ📹を廻し歩きながら チケットを切ってもらい、船内に向かう
映像に。
蛇足ですが、知る人ぞ知る、ある種のビデオにマニアが多い
「完全主観」という 手法(とまで言えるかどうかわかりませんが)を
試みました。

★撮影しながら実際の乗船の手順を踏んだ
20200816 乗船.png


このあと映像は船内へと続くのですが、あまりにも尺が長かったので、
カットしました🎬


その先と、動画の締めくくりは 次回で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。






GO TO TRAVEL






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4441690631296970"
data-ad-slot="8543057708"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



posted by REI at 02:22| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする