2020年06月30日

いやしのレッサーパンダを 長ーく撮ってみました






初めての経験は、大失敗続きでした


YouTubeに、初めて 「いやし動物」の動画を投稿しようと、動物園に
行ってきたのですが、朝から どうも雲行きが怪しい
でも、動物だから、雨でも 大丈夫だろう、と思ったのが
甘かった


札幌は円山(まるやま)動物園に着いたとたん、ハラパラと・・・
実は、雨の中の撮影も ほとんど初体験。
今までいつも天気よかったんです。
きょうは、機材が気になったり、レンズが濡れたりと、なかなか
集中できません💦

最初撮った キリンさんはまだ良かったのですが、ライオンさんの
雄姿を撮ろうと思ったら、なんと、外で雨の中 爆睡中💥
だんだん雨脚が強まる中、急いで円山動物園人気No.1の
シロクマさんへ。

No.1だけあって、スペースも広大、プールなんかもあるのですが、
こちらも、1頭しか 表に出ていなくて、待てど暮らせど
歩いているだけ・・・ 白い毛並みと太目のボディーはとっても
愛嬌があるんですが。

シロクマさんは、色々な方が 素晴らしい映像・写真を
撮っているので、弱気な僕は 最初から主人公に据えるつもり 
なかったんですけど、数カットは 外せません。

時間帯とかも あるんでしょうが、雨宿りする動物たちが多いこと、
初めて知りました こんな日は 良く寝てて、動き 
少ないことも 動物愛とリサーチが足りないことを 反省

急いで、ゾウさん、ペンギンさん、シマウマさんなどを駆け足で
撮影します、雨は ますます激しくなってきます
主人公の動物を メインに、様々な動物たちを織り交ぜる、という
事前に描いた構成が 崩れかかり、出直しかなぁ と、きょうは
あきらめかけました。



その時主人公の ひとつにまつり上げようと思っていた 
この動物のところに来ると・・・
レッサーパンダ ブログ用.jpg
オー! 外を元気に動き回っているではありませんか

何といっても、顔が愛くるしく、小さくて、そのわりに しっぽも
太くて、「これは人気出るの 当然だなぁ」と。(そう、私は実物を
初めて見たんです💦なんと動物を知らない人間なことか)

でも、撮影上 不安だったことが 的中します。

すばしこすぎて、カメラが追い付かない 可愛いしぐさや、
顔・しっぽ・ふっくらした おなかの アップが なかなか撮れない
前の記事で書いた、カメラを固定して・・・なんて基本は、すっかり忘れてます。

しかし、そこは 人気者のレッサーパンダ。

もちろん、外だけでなく、屋内にもいて、ガラス越しですが 間近に
観ることができます



焦っていた僕は、ようやく落ち着いて 撮影に集中できることに。
それも、目論見通り、「ターゲット」にしていた 動物に !
しかも、飼育員のお姉さんが 餌をあげるところなんかも 撮れて、
気分が 逆に 急上昇
雨で お客さんがか少なかったのも、じっくり近くで撮れて 逆に
良かったではないか、と 急に前向きな気分に。

目標の9割は達成できた、と 満足に浸り、カメラを置いたのでした。



・・・


ずぶ濡れになって疲れたけど、最後は ルンルン気分で 動物園を
あとにした 僕。
家に戻り、早速 プレビューです

そうしたら・・・室内の撮影が・・・ガラス越しだったため、
いろんなものが 反射して 写り込んでる
ひどいのは、自分の顔が わかるくらいのものまであること・・・
気分が一転して、夢中になったので、全然気づかなかった・・・
なんと初歩的なミス

満足度は 3割ぐらいに急降下しました


少しの間 ぼーっとしていた僕。
どんなに今 加工技術が進歩していても、ガラスの反射を消すのは
聞いたことない。


編集で どこまで「ごまかす」ことができるのか?
完成動画、乞う ご期待です。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4441690631296970"
data-ad-slot="6309111766"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">

posted by REI at 01:18| Comment(0) | 癒し映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください