2020年06月08日

北海道・支笏湖の特産・「チップ」を味わう




「もう飽きたよ、支笏湖の話題は」

そんな声が 聞こえてきそう。あいすいません。ブログが
支笏湖「シリーズ」になってしまいました💧
1粒で3度おいしい話題だと思い、隅から隅まで 書きつくそうと
思ったのですが、「手抜き」との そしり を免れかねませんね💦

ただ、きょうの話題は グルメ、特にお魚好きの方や、釣り愛好家の
方には ちょっと興味を持っていただけたら、と、特産の
チップ」料理に フォーカスです。

20200606 チップ 堀内先生釣る.jpg

これが、チップです。

「ベニザケ」と同じ種類で、淡水にとどまる内陸型のものを チップ
(ヒメマス)といいます。

これ、僕が釣ったのじゃなく、ご近所の知り合いが釣ったものを
おすそ分けしていただきました。

支笏湖のチップの遊漁(一般の釣り)は、毎年6月1日に 解禁され、
その様子は TVニューでも放送される、地元の風物詩。
湖に初夏の訪れを 告げます

今年は、魚体が大きめ~「太い」そうで、毎年いただくのですが、
僕も そんな気がします。釣りはしませんが、少しでも大きいほうが
当たりも強いと想像しますので、釣り愛好家も より楽しいのでは
ないでしょうか?


淡水魚ということで、元々の味は 少し淡泊。
そのため、調理としては、単に焼くのではなく、一番おすすめが
塩をたっぷり付けての 串焼き。
撮影に行ったとき 湖畔で食したのが このチップ料理なのですが、
20200530 チップ料理 支笏湖畔.jpg
塩焼き・フライ・寿司・刺身 のフルコースです。
塩焼きは 余計な味が加わらない分、身の本来の味がして、個人的に
一番 おいしく感じました
串刺しにして 焚火で丸ごと一本焼き上げ、じかに口でかぶりつく、
なんて食べ方が 合ってると思います。湖畔にはキャンプ場も
あるので、釣ったのを野外で塩焼きにして食べたら、格別でしょうね。


ただ、家庭では、なかなかできない「調理方法」なので、フライや
ムニエルといった風にすると、おいしくいただけます
これは きょうの 我が家の夕食。
「ムニエル タルタルソース添え」です。
2000607 チップムニエル・自宅料理(トリミング・回転).gif

味は、やっぱりサケに通じます。見た感じも、サケに近いと
思いませんか。
釣った知り合いに ススめられた通り、フライパンで焼き、最後に
バターを加えます。これがまた、よく合うんだ🎶

チップは、こちらでもスーパーなどに あまり出ないので、
まさに、「北海道・支笏湖ならではの味」です。

ちなみに、一般釣りは 秋まで続きますが、時期が早いほうが
よく釣れるそうです。釣果が大きいかどうかは、群れに当たるか
当たらないか、によるんだそうで、湖上の「場所取り」が明暗を
分けます。


さて、YouTubeの方ですが、ブログ書いたり食べてばっかりで、
進み具合が ちょっと・・・
いや、支笏湖の周辺は、秀峰も多く、わかりやすい地図をつくる
作業や、どのきれいな映像を 選ぶかで、時間が💦
凝った編集してないと思うんですが。

出来上がったら、ブログやTwitterで これでもか、と宣伝しますので、
よろしくお願いいたします


あ!それと、動画の1本に「アテニア化粧品」の紹介が あるのですが、
最近、動画とブログを通じて 購入してくださる方が多いのです。

この場を借りて 心より感謝申し上げます。ありがとうございます。








posted by REI at 00:53| Comment(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください