2020年05月02日

コロナ禍の中 通院してみたら・・・




しまった!
薬の残りの計算を間違った


僕の地元は、毎日のようにコロナの感染者が 最多を更新している。
しかも今は ゴールデンウイークです。
こんな時に、毎日手放せない薬が、予定より少なくなっている。

今 病院に行くのは、ちょっと勇気がいりますね。本音で言えば
自分から渦中に 飛び込んでいくような気がするし、医療関係の方に、
少しではあれど 負担かけることになるし💦


僕は、告白すると、大きく分けて3つの持病を持ってます 
そのうち2つは、恥ずかしながら、下半身関係なんです・・・

思い切って言っちゃうと、1つは 男しか持ってないもの

去年、下半身に少し違和感を覚えると同時に、人間ドックで 
「腫瘍マーカー」なる数値が上がっているのですぐに精密検査を
するように、と医者に言われてしまい・・・

前立腺、という器官です。比較的年齢の高い方に多い病ということも
あり、かなりの ショック。すぐに精密検査を受けたのですが、
この検査、「又の真下」から 針を10本ほど 同時に体内の奥深くに
刺し、直接細胞を採取するというもの。検査なのに 全身麻酔です。
しかも、術中の体位は 恥ずかしくて詳しく書けないくらい


結果は、良性で、炎症の重いものという診断に落ち着き 事なきを
得たのですが、同じ時期、前立腺近くの これまたヤバい部分に
痛みが。この部位は、書くの控えます。

しかし、何も悪いことしてないのに、なんで下半身ばかり2か所も?

通院に気が引けるのは、どっちも 診察の時 下着脱いで 
あられもない姿にならねば ならないこと。看護士さんが若いと、
こっちが 恥ずかしくて もじもじして しまいます💧 

それで、今回、そのヤバい部分の 飲み薬が予想以上に早く
無くなってしまった。
仕方なく、今日 病院に行って、下着おろしてきました。

まぁ、こっちのほうは ガンほど深刻ではなく、薬があれば
気にならない類のものなので、いっ時 恥ずかしい思いをすれば
済むんですが。これでゴールデンウィークも一安心です。


それにしても、コロナ感染が広まって 初めて病院に行ったのですが、
やはり 「厳戒態勢」でしたね。
検温して 消毒液でよく手を洗わないと 建物入れてくれないです。
受け付けには 当然 ビニールのカバーがあり、受け付けの
おねえさんも 医者や看護師と同じ ゴム手袋。
ちなみに 院外薬局のおねえさんも 手袋してました

僕も さすがにちょっと緊張、でした。病院とはいえ、たいへん
デリケートな部分を さらしたり 触られたりするわけで。


そんな通院も 無事終わり、帰り道、街の中心部を通ると、確かに
今の時期なら ごった返しているはずの繁華街が、銀座や渋谷と
同じように、三〇デパートも、パ〇コも シャッターしまって 
異常な静かさだった・・・。

【5月1日 午後3時の 札幌繁華街】
IMG_0568.JPG



そして、コロナ禍が長引いているのを感じさせたのが、この風景です。


SnapShot(77).jpg

動画をストップさせた静止画なので、色やシャープさが 
全然だめですが、北海道庁の敷地内にある池に沿った桜が 
ちょうど満開。気温も19度あったので、ちょっと 汗ばむほどでした
池のカモさんは元気でした。

2回前のYouTubeに 雪と氷の景色を投稿したのに、きょうはこの陽気。

季節が変わっても、なお、緊急事態は続いていて、へたしたら 夏まで
続く可能性も・・・

(突然ですが、YouTubeの登録者数が 毎日減っていて、気分が一層
晴れません)


早く安心して通院が出来るようになり、チャンネルも元気を
取り戻したい、と思う 1日でした。





posted by REI at 01:53| Comment(0) | コロナウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください